喫煙者と非喫煙者の休憩時間の差について - 社内ニートの悩み 転職or起業or社畜

喫煙者と非喫煙者の休憩時間の差について

寒い、寒い、東京は48年ぶりの寒気らしくもう帰りたい社内ニートです。
仕事における視野の広さってあると思うんですけど、例えば誰かが困ってるのを助けるとか、抜けがないか確認してあげるとか、進捗と結果の整合性を調整してあげるとか。ちょっとした事でいいと思うんですけど、興味がなくなるとバッサリ狭くなります。

誰が何をやってようとどうでもいいし、周囲もこちらに興味がない。そんな感じです。はい、互いに触れないようにしてる空気感。人によっては無視と感じるので辛い場合もありますが、この会社での縁は諦めたので気にしないようにしてます。

ただ視野が狭くなると全体をマネージメントする能力が磨かれないので、大きなデメリットにはなります。恐らく次の会社へ行ってもその辺りの能力が伸びてないので壁にあたりそうです。

ところで皆さんの会社では喫煙者と禁煙者を規則で分けるような事ってありますでしょうか?

何やらタバコを吸う人間は吸わない人間よりも休憩が多くズルイ!なんて話しになってます。はい?何言ってんのって感じです。私はタバコを吸いますが、仮にタバコを吸わなくてもそう思いますね。アホかと。

そもそも仕事は営利目的でやってる訳だから、儲かればよい。もちろんお客様に喜ばれてれば尚良し。午前中集中して結果が出るなら午後は帰ってもいいはずです。ただ、労働時間が決められてるから定時までいるだけのこと。

根本は結果が出てればそれで良しである。ズルイとか言うアホいますけど、じゃ結果出さずに定時までやってる人は給料泥棒?ズルくない?公平じゃないよね。文句言えるような結果出してるの?

確かに1日に何度もタバコ休憩行く上司はいますよ。正直この人は仕事してないなーと分かってますが、結果が出れば文句はありません。タバコ休憩中にアイデアがひらめく事だって、社内の人間関係の潤滑油になることだってあります。

タバコ=悪だから幾らでも責めていい風潮ありませんか。

何よりバカバカしいのが会社で喫煙者と非喫煙者の休憩時間の調整をするそうな。バカかよ!なら結果出てる人間と出せてない人間の給料が同じ事の不満の調整しろよアホ!こんな事考えるなんて、総務とか本当に暇なんだろなー。

いっその事、喫煙者だけのグループを作ってパソコン前でもガンガン吸えるようにしてくれたらいい。これで文句ないだろ。

凡人サラリーマンなんてのは所詮は搾取される立場なんだから、時間内にそこそこの結果だしてりゃいんだよ。あとはプライベート充実させるなり、副業で稼ぐなりもできる。その方が将来へのリスクヘッジだと思うね。出世目指すなら中途半端な管理職じゃなく、天辺に立たなきゃやりたい事なんて出来やしませんから。

そういった意味では社内ニート的立ち位置ってのはメンタル強ければ最高の環境だわ。

話しは脱線したけども互いにそんな監視し合うなんて殺伐として空気が悪くなるだけ。何故人を巻き込むんだろうか、その分をちょっと散歩で気晴らしするなり、自分も自由に過ごせばいいじゃないか。なんというか器が知れるというか下らんね。

どーなるかは知らんが気にせず一服行ってきます。

でわでわ。
関連記事
スポンサーサイト



↓ポチっと応援

社内ニートのぼっち悩み


コメント

非公開コメント

PR

↑シリコンバレー発祥ONLINE学習 ↑無料カウンセリング実施中

プロフィール

koutyanpii

Author:koutyanpii
社内ニート歴3年のWEB担。疎外感ハンパなく、精神的に辛いのでうつ対策も兼ねて転職活動や職場の愚痴、吐き出したい事を綴っていきます。

ポチっと応援♪

転職

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR